FC2ブログ

IRIE倶楽部

同人作家 IRIE YAMAZAKI の画像とか日記、イベント参加情報、新刊予定など紹介。(R-18)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品:2 PRINCESS HEART (下級生 新藤麗子)

タイトル: 「PRINCESS  HEART」
ジャンル: ゲームエロパロマンガ
印刷: オフセット、表紙単カラー、B5、66P
発行日: 1997年 5月 スーパーコミックシティ
在庫:有り


この同人誌は「elf」が作った「下級生」というエロゲーのパロです。そのキャラの中でも
「新藤麗子」という、超の付く高ビー女を中心に描いたマンガとなっております。素直に
なれない女「麗子」は、元祖「ツンデレ」キャラといえるのかも…。(当時には言葉も無かった)

内容は、肉体関係をもつようになったゲームエンディング間近から、自分の妄想シーンを
3つ追加するという形式になってます。1つ目は学校でのフェラ奉仕の強要から、玉舐め
から顔射です。(10P)2つ目は喫茶店でのアナルいじりからの強制絶頂、そして自宅前の
キス中の小便漏らし。(10P)3つ目はラブホテルでのケツ毛抜き、イチジク浣腸、アナル舐め、
脱糞からアナルSEXへ移行し、最後はホース浣腸です。(20P)あとエンディングとして、
69の体位からアナルをいじられながらフェラ、そのまま両鼻に2本タバコを入れられての
飲尿が有ります。(6P)また、この3エピソードを挟むように、他キャラのイラストが12シーン
入れて有ります。(6P)大きな特徴として、勝手に「麗子のケツ毛はボーボー」というキャラ
付けをしております。

当時私はこのゲームに、はまりまくってました。…いや、麗子に「恋」してました。
「2次元のキャラに恋をする」などというと「頭いかれたか?」と思われる方もいるとは
思いますが、まさにそんな状態になってました。ただ、こういう状態は初めてでは
なかったので(詳しくは後日)その対処法を知ってました。それがマンガを描く事だった
のです。しかし、その後も麗子への思い断ち難く、オリジナルで似たキャラを作ったりも
しました。(これも後日)

こうしてこの同人誌は完成しました。発行イベントはなんと、スーパーコミックシティ
でした。今では有り得ないかも知れませんが、当時はエロサークル参加者も少しは
いたのです。発行してみるとこれが…かなり売れました!!(大きな声では言えませんが)
当サークル「RAT TAIL」では、今でもNO.1の売り上げです。(当時、麗子のヒモに
なったような気分になったものです)今は無き「レモンピープル」の同人紹介記事で
インタビューなどされた事も有りました。今となっては懐かしい思い出です。(沖田艦長かよ…)

高評価に戸惑いながらも、今思い返すと、自分でも「なかなか良い作品なのでは
ないか?」と思える同人誌です。特に今回サンプルでアップした、ラスト5P(11~15)は、
手前みそですが、私が描いたエロシーンの中でも1、2を争うベストシーンなのではないか
と思っております。よかったら御覧下さいませ。

表紙72 700 

1.jpg 2_20090627131911.jpg 3_20090627131919.jpg 4_20090627131927.jpg 5_20090627131935.jpg
    1          2           3          4          5   
6_20090627131944.jpg 7_20090627131953.jpg 8_20090627132001.jpg 9_20090627132009.jpg 10_20090627132017.jpg
    6           7          8           9          10 
11_20090627132025.jpg 12_20090627132033.jpg 13_20090627132046.jpg 14_20090627132054.jpg 15_20090627132103.jpg
    11          12         13          14          15 

※個人通販してます。お問い合わせは irieyamazaki@jcom.home.ne.jp まで。



以下拍手の返事です。ありがとうございますです。


>小生がアナスカに目覚めた神作ktkr!脱糞からアナルSEXへ移行は本当に
お世話になりました!(゚∀゚) 元祖ツンデレか~、後書きに確か「ときメモの紐緒結奈/
鏡魅羅が」的な事も書いていたのを思い出して、この3人が元祖かもしれませんね~


そうですか…目覚めさせてしまいましたか…。少し誇らしい反面、申し訳無い
気持ちにもなりますな。でもそういう事なら、私も中島史雄先生や結城彩雨先生に
目覚めさせられた訳で、「負の伝承」と申しましょうか、きっとこれからも受け継がれて
いくのでしょうね。(何かいい話風ですな…)

紐緒さんや鏡さんもそうだけど(懐かし~)、やっぱり恋愛シミュレーションゲームが
「ツンデレ」を生み出したのかも知れませんね。「始めツンツンが終わりデレデレ」は
実際体験してみると(まあゲームの中でですが…)ホント最強ですからね。

スポンサーサイト
[PR]


トラックバックURL

http://irieyamazaki.blog114.fc2.com/tb.php/110-6250cf8f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。