FC2ブログ

IRIE倶楽部

同人作家 IRIE YAMAZAKI の画像とか日記、イベント参加情報、新刊予定など紹介。(R-18)

logs

10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 12

12:オ○ンコに竹刀を差したまま、俺様はチビ女のアナル処女を犯してやった。
どうだ!!これが「どサド」外山様だぜェ~!!思い知ったかぁ~!!

そして…ここで白日夢は終った。気がつくと俺様の記憶は数日分ゴッソリと無くなって
いた…。う~ん、我ながらなかなかいい白日夢だったぜェ~!!



最後は竹刀を差したままのアナルSEXシーンです。

まあ、これくらいの吊りなら結構今後の展開もいい感じかも知れませんな~。
いつかまたどこかで使おうかな~?


…てな訳で、今回でこの「バンブーブレード」編は、一応、終了で~す。

次回のシリーズもまたよろしくで~す!


...続きを読む

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 11

11:宙吊りにしたチビ女の後ろにまわった俺は、竹刀を手に狙いを定めて「突き」を
放った。何度も何度も出し入れをすると、血で竹刀の先が赤く染まっていく。ざまぁみろ!
処女膜が裂けやがったぜェ~!!



11回目は拘束吊りブランコ状態で竹刀による処女喪失シーンです。

正直、この責めは私にしてはギリギリな感じなんですが、まあ剣道責めアイデアと
しては外せないし、処女喪失シーンをあまり興味が無い感じで処理してる感じが
ピッタリはまってて、まあ「有り」ですかね~?

吊り系の責めって結構好きなんですが、あまり発展性が無いんで使い方が難しくて
あまり採用しにくい責めですな~。



10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 10

10:俺様のモノを咥えさせたまま、1日が過ぎた。チビ女はすでに精液を12回、
小便を3回、全部飲んでいる。その間、尻のバイブで48回もイキやがったぜ。!

7b_20110917155907.jpg

10回目は前回の拘束フェラから引き続き、そのまま一日経過シーンです。

この「一日中フェラ状態にさせ続ける」というプレイは女性の性具化と
放置プレイの合体プレイですかね~?結構好きなんですよね~。

特に一度射精が終了して小さくなったチ○コが再び女性の口の中で勃起を
開始し始める感じがいいんですよね~。

まあ絵的にも迫力不足と申しましょうか…、勃起してないチ○コを描く機会は
意外とほとんど無いので(まあエロマンガですからね~)これを表現する
事もあまり無いんですが…。


※10/23のサンクリ参加が決まりました。オフ本は間に合わないのでやっぱり
コピー本ですね~。2種類くらい作りたいな~。一本は「神様ドゥルス」を
予定してますが、もう一本はどうしようかな~?

秋スタートアニメもまだよくわからないけど…「たまゆら」はよかったな~。
まあ、あのアニメでスカネタは描きにくいか…?


...続きを読む


10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 9

9:アナルビーズの出し入れで充分ほぐれたアナルにバイブを入れ、チビ女の両手を
前で拘束する。その腕の間に自分の体を入れてフェラを強要する。これなら離れ
たくても離れられないぜ。俺はチビ女の口の中に射精して小さくなっても抜かず、
再び回復して大きくなるまで口の中に入れっ放しにした。そしてそのまま口内射精。
それを3回も繰り返した。



9回目はアナルバイブ&合体拘束フェラシーンです。

このシチュは、その昔エヴァの「ミサトさんのマンガ」でも使った強制フェラシチュですね。
元々フェラも好きな私ですが、その中でも結構お気に入りのシチュです。

基本的に私は、フェラは女性の手は使わない(この場合は「使わせない」ですが…)方が
好きなんですが、最近は結構、女性の手を自由にさせてる事も多いですな~。

これは女性の手の動きも魅力的なパーツですし、なんといってもシーンの展開上の
バリエーションが豊富になるんですよね~。(手コキとか…)




10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 8

8:脱糞が終わったチビ女のアナルに直径3センチ程の珠を紐で繋げたアナルビーズを
1つずつゆっくり押し込んで行く。全部入れ終わるとアナルの動きを楽しみながら引く抜く。
時には一気に引き抜いたりして、何度も出し入れを繰り返した。我ながら呆れるが、50回を
越えても全く飽きないぜェ~!ククク!どうやら、だいぶアナルでも感じるようになって
来たようだぜェ~!



8回目はアナルビーズの出し入れプレイシーンです。

このシーンとかでもそうですが、私は結構、数字を入れるのが好きみたいです。
時間経過とか、何回とか…。マンガやイラストは実写やアニメの様に動く表現方法
ではないので、ある程度は省略しなくてはならないのですが、数字を入れると
ただ「カット」してるより、想像しやすい様な気がするんですよね~。

しかし、斜線処理ではお尻が赤くなってる感じを出すのは難しいな~。これは
コピー本の時の様なブラシ影処理の方がいいですな~。う~む。

siri.jpg
コピー本の時の珠ちゃんのお尻




10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 7

7:遂にチビ女の脱糞が始まった。ちっこいアナルを全開にして、臭ェ~ウンチを
ドボドボヒリ出し続ける尻を、俺は竹刀で思いッ切りブッ叩く。尻がサルのケツの
様に赤く腫上がる。50回叩いた所でようやく終了した。



7回目は尻叩き脱糞シーンです。

これも前回に引き続き「竹刀」活用責めですな~。私の様に何度も脱糞シーンを
描いてる者にとって、こういう明確に差別化出来るアイテムが有るのは、とても
ありがたいです。

アングル的にも後ろ姿の割りに顔がちゃんと見えてるので、かなりいいアングル
ですね~。結構お気に入りで、よく使うアングルです。フトモモのとこをガムテで
留めてるのもいい感じです。



10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 6

6:部屋に渡したコブ付きロープをまたがせ、5往復出来たらトイレに行かせる
約束だ。乳首に洗濯バサミを付けたチビ女は必死に耐え4往復半。いくら尻を竹刀で
ブッ叩いても、もう一歩も進めない。



6回目は脱糞我慢で股間ロープ渡りシーンです。

これは先に「せっかく剣道部モノなので竹刀を使った責めも入れたい」という考えが
有ってチョイスされたシーンですね。

股間ロープ渡りはこれもその昔、中島史雄センセの作品にこれと全く同じシチュの
マンガが有って、それを読んで以来、好きで何度かチャレンジしてるんですが
やっぱムズいですねェ~。(最近では桃山ジロウセンセの縄使いが巧みですな~)

これは前回とは逆に、結構大きな動きや舞台が必要なので、マンガ向きだとは思うん
ですが…。この間の「俺妹」の桐乃本の時も、裏表紙にも入れたシチュだったのに、
結局、本編ではカットしてしまいました。いつかまた、どこかでチャレンジして
みたいのだが…う~む…。


※オ~、アップ後に気付いたんですが、この記事で500回目みたいですな。
2年半で500か~。これってペースとしてはどうなんですかね~?




10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 5

5:さ~て、次は浣腸だぜ!!手と足を左右それぞれで束ねる無様な恰好に拘束して、
チビ女の小さなアナルに浣腸器をブッ差し、一気に注入してやった。気分最高だぜ!



5回目は浣腸注入シーンです。

この拘束の仕方は腕の方が内側に入っているので、足を閉じられないって訳ですね。
ただ絵的にはかなり複雑に絡んでしまうので、結構ムズイ…。正直マンガ内で何パターンも
描けって言われると、私のデッサン力では全く自信が有りません。なのでワンシーンで
済む、こういったイラスト専用の拘束と言えますな~。



10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 4

4:マン繰り返しのポーズにさせて、さらに2時間イジりまくって、10回以上
イかせてやった。チビ女は「もうダメェ!!」と叫んでイクと小便が溢れて来て、
自分の顔にブッ掛けてやがったぜ!ククク!!



4回目は絶頂失禁でセルフ顔尿(こんな言葉無いか…?)シーンです。

このセルフ顔尿シーンで思い出すのは、その昔ペンギンクラブ(まだ出てるか)
ってエロ雑誌に載ってた水谷零Gセンセ(まあ、知ってる方は知ってるでしょうが…
あえてスルーで…)が描かれてた「ゼロ」って作品でそんなシーンが有りまして
結構好きでしたね~。結局、単行本とかにはならなかったんですかね~?
(ネットで調べたけどなってなさそう…)


※また、少々間があいてしまい申し訳無い。モデムの不調でネットに繋がらなく
なってた期間も有ったりしたんですが、ホントの理由の大部分はリクの新作制作に
手間取ってた為です。まあ、細かい事はアップした時にでも…。(来週かな~?)

※現在、新規のリクエストは募集してません。ゴメンナサイです。(たまには
アナウンスしておかないと…)




10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 3

3:ツルツルになったチビ女のオ○ンコの中に指を浅く入れ(処女膜確認!)、
同時にちっこいクリトリスも親指で擦って刺激する。たっぷり1時間、続けたら
小さな体をエビ反らせてイッてやがったぜェ~!ヒヒヒヒ!!



3回目は指愛撫によるエビ反り強制絶頂シーンです。

まあ私にしては、まだまだ軽~い前戯って感じですかね~?でも、この当時はそうでも
無かったけど、最近この「強制絶頂」が少し「ツボ」になってます。自分の中で、流行の
シチュってのが有るみたいです。まあ、基本形はそんなに変わらないんですがね~。

それは作品作りにも現れる現象で、どんなに好きなパターンでもあまり連発し過ぎると
「飽き」がくるのか、別のパターンに手を出したりする訳ですね。まあ結局、同じ
所をグルグル回ってるだけな気もしますが…。

そんな自分の作品作りに「納得」してる部分ももちろん有るんですが、1つのシチュに
徹底的にこだわって活動している方の作品を見ると、尊敬と憧れを感じる自分もいます。
作家としての個性も大切ですからね~。




10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 2

2:俺様は見るのにもようやく飽きると、生意気にもしっかり生え揃ったチビ女の
マン毛を引っこ抜いて起こしてやった。ブチブチと陰毛が抜ける激痛で目を覚ました
チビ女の乳首をいじりながら、全部引っこ抜いてやったぜェ~!



2回目は陰毛引き抜きシーンです。

これは「見た目はロリなのに実はちゃんとボーボー」と勝手に設定しておいての
引き抜き作業という、パロ系では私がよく使うパターンですね。無理矢理見た目の
イメージに近づけていく行為が楽しいんですよね~。

あまり剃毛シーンはピンとこない私ですが(まあ、臭作くらいやってくれれば
「有り」かも…?)この「毛抜き」はS的な行為として結構好きですね。
(最近もヒナギクでやったな~)正直、ムチとか刺青とかピアスとかの様に、
一生キズが残りそうな感じがするSM的な行為は若干苦手なんですが、鼻フック
とかもそうですが、いつかちゃんと元に戻る感じの方が好みですね~。

自己分析するに、それは「やさしさ」から来るものでは無く、「キズつけてしまった
事に対しての、責任の持てなさからの回避心理」が働いてるようで、要するに
一言でいうなら「無責任」という感じですかね~?まあ、フィクションはそれでも
いいと思ってるから、描けてるんでしょうね~。(これがリアルだと、そうも
いかないんですよね~)





10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 1

1:その時見た「白日夢」の中で、俺様はあの「チビ女」を監禁していた。どうやら、
気を失っている様だ。俺様はその女のガムテープで拘束された足をゆっくり、大きく
開かせいく。縦スジをしっかり刻んでいる下着のまだ幼さを感じる股間部分を、湧き
上がるサディスティックな興奮を必死で抑えながら、じっくり眺めた。



1回目は拘束開脚シーンです。

こういう、気を失ってる状態の女性を自由に出来るという愉悦状態は、想像すると
肉体の接触が有る行為をしている状態より、興奮状態に有るような気がします。

それは、「その女性の全てを自分が握ってる」という感覚が視覚情報だけに限定される
事でより精神的に集中してるからではないでしょうかね~?これは私だけの特殊な感覚
なのかも知れませんが、意外と肉体の接触が有ったりすると、そちらの触覚に「持って
いかれる」気がしますね~。(まあ、それが接触のいいとこでも有るんですが…)

ただ、絵的には地味~になりがちなんで、使い方は難しい気がします。特にセリフや
目の表情が使えなかったりするのは、キャラの魅力的には大きなマイナス要因に
なりますからね~。



10Pコピー本シリーズ:9 「バンブーブレード」 珠姫 0

        〈「どサド」外山の白日夢〉

 おう!!俺の名は人呼んで「どサド」外山だ。この間俺は「白日夢」ってのを見たんだ。
今日はその話を聞かせてやるぜ。「どサド」の俺らしいいい夢だったんで、同じ趣味の野郎
どもは楽しんでくれよな!!!

 その日は携帯無くしたり、センザンコウみてェな1年坊主にクツふまれたりして、かなり
むしゃくしゃしてたんだ。そこでストレス解消に剣道部の弱っちい連中をブチのめして
やろうと、剣道場へ岩佐と向った。そしたらそこであの1年坊主がいい女といちゃついて
やがったんで、稽古と称してカーボン竹刀でバシバシぶっ叩いてやったのさ。ざまぁみろ!
泣きべそかいてやがったぜ。その時…小っこい女が俺に挑戦してきやがったんだ。それが
そのチビ女 (確か川添とかいったかな…)なかなかの腕でな。さすがの俺も少し苦労し
たぜ。しばらく互角の打ち合いをしてたら、突然「突き」を出してきやがったんだ。俺は
それを偶然くらっちまった……その時よ!!俺がこの白日夢を見たのは!!!

 気がつくと俺はあの「突き」をくらった後の記憶がこの白日夢以外全く無くなっていたんだ。
どうなってんだこりゃ???



            〈川添 珠姫〉

 道場の一人娘で体は小さいが剣道の腕前は超高校級。入る気なかった剣道部に
なりゆきで入部。通称「タマちゃん」正義のヒーローに憧れる、オタク少女。


…てな感じで10Pコピー本シリーズ9作目は「バンブーブレード」の「珠ちゃん」
こと、「川添珠姫」です。今回は前フリです。次回から本編になります。

初出は2007年の冬コミです。同時に電脳コイル本やオフでビビ本を発行した
イベントでしたね。

確かオフ本の制作中に盲腸で緊急入院&手術という不測の事態に陥っていたんですが、
入院3日ほどで退院して、逆に妙にテンションが上がって制作してた覚えが有りますな~。

最近、CSのフジTVでアニメを再放送してるのを観て、懐かしくも面白かった
ですね~。当時とはまた少し違った印象でした。基本マンガの方が好きになる傾向が
強い私としては、少々「ヌルい」演出が物足りなく感じてたのかも知れませんが
その後のマンガの迷走ぶりを経験した後では、「まあ、これも有り」って感じが
しましたね~。

それでは、次回から、楽しんで頂けたら嬉しいで~す!!!




Paging Navigation

Navigations, etc.