FC2ブログ

IRIE倶楽部

同人作家 IRIE YAMAZAKI の画像とか日記、イベント参加情報、新刊予定など紹介。(R-18)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア12

12:その後…テレサの域にはまだまだだが、訓練の甲斐あって、クレアも今では
3ヶ月に一度、排便するぐらいで、なんとかなっているらしい。ククク…。



最後の12回目は極太野グソシーンですね。ラキが見てショックを受けてる
ようですな~。

野グソは、実際の「野宿が必要な旅」には付きものなシーンな訳で、どんなに
美しい女性でも「描かれてない」だけで、みなさんされてる訳ですね~。


…てな訳で、今回でこの「クレイモア」編は、一応、終了で~す。

次回のシリーズもまたよろしく~!

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア11

11:トゲの付いた張型でクレアのアナルを鍛える事にした。彼女自身にも
持たせ、2本を同時に突き込む。当然、アナルはトゲで裂けるが、クレイモアの
妖力開放で直させながら、何度もかき回し続けた。



11回目はアナルバイブ2本同時差しなんですが…どうにもグロいか…?

これは、原作のマンガ読んだり、アニメを観て、ある程度「クレイモア」って
いうモノの「バケモノさ」を理解されてる方が見たら「そうでもない」と
思って頂けるのかも知れませんが…まあ、よく知らない方がこれだけ見たら
まあ確かにグロいと思われても仕方無いかも…?

正直、描いた本人としても、少々限界を越えてるシチュなんですが…まあ
描いてる時は暴走気味になってしまい、ちょっと「やり過ぎ」になる事が
結構あるんですよね~。



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア10

10:限界を越えた量の特製浣腸液を注入されたクレアが排泄を開始した。
硬くて太い大便が次から次に飛び出して来る。さらに小便に加え涙やよだれ
まで一緒に垂れ流していた。どうやらクレアは今までは表情にはさほど
出ていなかっただけで、必死に耐えていたようだな。これではまだまだ
クレイモアとしての完成体には至っていないな…。もっと訓練が必要だ。



10回目はクレアの限界脱糞シーンです。

アナルが押し出されシワが無くなりテカってますな~。一応これが
私的には脱糞中アナルの完成体ですね~。ポーズとしてもかなり
好きなポーズです。まあ同じポーズばかりでは面白くないんで
いろいろ描きはしますがね~。

クレアの表情も遂に崩壊ですね~。普段冷静な表情しかしない女性の
こういった表情はホントたまりませんな~。



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア9

9:かつてのNO.1テレサは半年間便秘をしても、腕以上の太さの
大便を、全く表情も変えずにヒリ出してみせたという話だ。バケモノ
だな…。



9回目は閑話休題で回想の中のテレサの脱糞シーンですね。

う~ん、スゴ過ぎ感を出す為とはいえ、少々やり過ぎでしたかね~?
まあこのブログで発表したクイーンズブレイドのカトレア母さんの絵の時
よりは「まし」ですが…。

ちなみにアニメでは、このテレサの声は朴璐美さんでした。



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア8

8:私は太いホースを使って、さらに注入を追加する。クレアの腹は
まるで妊婦の様に膨れ上がりさすがに苦しそうだが、まだまだ入るな。
さすが半妖「クレイモア」だよ。



8回目は前回の同拘束を仰向けにした追加大量浣腸シーンです。

こんなに腹を膨らませるのは「クレイモア」というキャラのせいで、正直、
個人的には「ギリギリ」です。(妊婦モノは苦手で~す)これくらいしないと、
クレアの苦しそうな表情に説得力が無いと思いまして…。

しかし、さすがにちょっとこのホースは太過ぎたか…?




10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア7

7:クレイモアの怪力で抵抗されてもやっかいなので、念の為、手足を拘束してから
もう一度クレアに浣腸をする。今回はポンプ式の浣腸器で、入る限界まで注入する
つもりだ。彼女には一体どれくらい入るのだろうか?ククク、楽しみだ…。



7回目はエネマシリンジ系の浣腸器による2度目の浣腸シーンです。

私は今ではすっかりスカばっか作家と思われがちでしょうが、その入りはやっぱりSMの
1ジャンルとしてでして、「SM」というものの基本である「緊縛拘束」にもそれなりの
こだわりが有ったりします。

数ある拘束の仕方の中でも私はこの「手と足を左右それぞれをまとめる拘束」がかなり好き
です。正直、描くのは結構大変なので、そんなに頻繁に描く機会が有る訳では無いんですが…。
後ろ手拘束に比べたら、使い勝手は相当悪いですね~。まあ、それだけ拘束としては完成度が
高いといえるのかも知れませんね。



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア6

6:クレアの硬い大便を砕く為、私はドリル状の張型をアナルにねじり
 込んでいった。アナルが裂ける限界まで入れては戻すという行為を
 計100回繰り返した。



6回目はドリル状張型によるアナル拡張シーンです。

この先がドリル状になってる性具を私はファンタジーモノの時、結構使います。
電動式のバイブとかは違和感が出てしまいますが、こういった手動で使える
モノはファンタジーモノでも使えます。

100回という回数をこなしていく事によって、クレアも徐々に変化して
来ましたね~。肉体の反応がようやく感情のスイッチと繋がったって
感じでしょうか?




10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア5

5:私た両手の親指でクレアのアナルを大きく拡げて中をじっくり覗いてみた。
すぐそこに硬い大便が来ているのが確認出来た。股の間から見える彼女の表情が
少し変化して来たように感じた…。



5回目は指によるアナル拡張&内部覗きシーンです。

かなり大きめに開いてますな~。これは半妖クレイモアの特性で元々かなりタフ
なんで、耐えられてる感じですかね~?そろそろ限界を越えそうですね。

それにしても、時々体内にカメラを入れて見せたりするAVなど有りますが、
ちょっと医療的な匂いがして、ちょっと苦手ですな~。あまりエロネタを
考える時はそういった、冷静にさせられるようなキーワードにはあまり触れない
ようにしておりま~す。



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア4

4:壁に手をつき耐えていたクレアが排泄を開始した。だが、勢い良く
出て来たのは、薬液だけであった。どうやら思った以上に重度の便秘
だったようだ。




4回目は壁に手をついての立ちポーズでの、薬液だけ逆流排泄シーンです。

排泄ポーズにはいろいろバリエーションが有りますが、今回のような汁気
大目の場合には地面との距離が有った方が感じが出るんで、こんな感じに
する事が多いですね~。

さすがのクレアも排泄する瞬間は苦痛によるものか、それとも羞恥による
ものかは微妙ですが、表情は少しゆがめ、また少し発汗も有る感じですね。




10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア3

3:そこで私は排便を促す為に、浣腸をする事にした。四つん這いになった
クレアに組織特製の強力な浣腸液を注入していく。彼女は眉ひとつ微動だに
せず、無表情のまま、受け入れていった。



3回目はシリンダー式浣腸器による浣腸シーンです。

シリンダーによる浣腸は特にそう思うんですが、浣腸シーンってちょっと
普通のH作品における「中出し」に似てるような気がしますね~。
あの征服欲が満たされる感覚とか、シリンダーを押してる感じとか…。

ここではクレアの無表情をより強調してますが、浣腸されてる事自体には
無反応なんですが、これから襲い来る生理現象が想像出来てない(そういう
反応が起こるという知識はあるが体験した事は無いので…)とういう「無知
ゆえの余裕」という「愚かさ」この無表情には含まれてますかね~?





10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア2

2:まず私は症状の確認の為に、クレアに自然排便をさせてみる事にした。だが、
  いくらイキんでみても、臭いオナラをするばかりで、大便が出てくる様子は
  全く無かった。

3b_20110713101128.jpg

2回目は自然排便チャレンジからのオナラ連発シーンです。

こういったアナル自体が見えないアングルは使い方がちょっと難しいんですが、
このシーンはオナラを使った事で、結構いい感じに出来たような気がしますです。

まだまだ序盤なんでクレアの表情的には、「便秘時における脱糞行為による
痛み」は感じてるものの、羞恥心などは全く感じていないって感じでしょうか?

まあでもそれは、盗撮脱糞モノのAVなどを観る時に感じる事ですが、「こんな
行為を見られてるとは知らずにこんな事を…!」って思う感じに似て、その
行為をしてる本人がどう思ってるかとは関係なく、観てる側は楽しめるモン
ですよねェ~。



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア1

1:クレアの便秘が2ヶ月に入り、私は彼女の訓練をする事にした。私が命じると
  彼女は表情を変えず、淡々とその小さなアナルを私の目の前にさらして見せた。



1回目は恒例のアナル見せシーンですね。

でも同じシチュでも、前回の「らき★すた」とは全然、雰囲気が違いますな~。
こういった個人差がアナルを見る醍醐味では有りますね~。

「貴女のアナル見せて下さい」って感じのAVとか質より量って印象ですが
100人斬りじゃないけど、量をこなすのも、結構楽しいポイントですよね。
(ろくでもねェ~)

普段無表情なクレア(まあクレイモア全員そうだが…)のようなタイプも、ずっと
このままだったら物足りないかも知れませんが、徐々に変化していく過程は、結構
楽しいですね。今後この無表情が、微妙に変化していく感じを楽しんで頂ければ
嬉しいです。

ときメモだと紐緒さんみたいなタイプを攻略してく感じでしょうか…?(ちょっと
違うかな~?)



10Pコピー本シリーズ:8 「クレイモア」 クレア 0

        〈アナル拡張記録No.47クレア〉

 妖魔に対抗すべく、我が組織が作り出した半人半妖の女剣士、一般に「銀眼の魔女」とか
「クレイモア」と称される彼女達は体質で食物は2日に一度、少量取れば事足り、1週間
程度なら飲まず食わずでも平気である。またその排便も1ヶ月しなくても大丈夫なのである。
だがその為、彼女達は重度の便秘症になってしまう事が多く、その戦闘能力の低下に繋がり
かねない危険を孕んでいる。

 そこで我々は、彼女達の訓練メニューの中に硬く大量に溜め込んでしまった大便を排出
出来る様にアナルを鍛える訓練を加える事にしている。個体差が有り、一概には言えないが、
本来羞恥心の強い女性である彼女達にとって大変な訓練と言えるだろう。これは私が担当
した「クレイモア」No.47クレアのこのアナル訓練の記録である…。


 
                   〈クレア〉
妖魔から救ってくれたテレサを殺したプリシラに復讐する為にクレイモアに
なった。彼女をクレイモアにした妖魔の血肉はテレサのもので、正確には
半人半妖ではなくクオーターである。



エ~てな感じで、本日から以前作った10Pコピー本新シリーズ「クレイモア」です。
今回は前フリ編で次回から本編スタートです。よかったら見てやって下さいませ~。

初出は2007年の夏コミですね。

当初の予定ではたくさんいる「クレイモア」達を1Pずつ描いて「クレイモアカタログ」
って感じにしてみたかったんですが、1枚絵で見せる事に自信が無かったんで、結局
無難にいつもの半ページの形式で作りました。

個人的には原作マンガの方が好きですが、アニメの出来も悪く無かったし、何より
声優陣が超ォ~豪華でしたねェ~。ちなみにクレアは桑島法子さんでした。



Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。