FC2ブログ

IRIE倶楽部

同人作家 IRIE YAMAZAKI の画像とか日記、イベント参加情報、新刊予定など紹介。(R-18)

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 12

12:その後も荻上さんのアナルの快感への興味は増すばかりで、今日も
コミフェスの会場でまで浣腸をねだってきた。前の方にはすでにバイブが
入っている。俺は仕方なく、挨拶にやって来た先輩の前でこっそり注入して
あげた。ククク、さ~てどのくらい我慢出来るかなぁ~?



最後は野外(でもないが)浣腸注入シーン。

このシリーズとしては珍しくちゃんとしたオチシーンですね。(大抵は
最後までエスカレートして終わってしまいますが…)結構このオチは
気に入っております。ま…まあ、ちょっと私的には生々し過ぎる気も
しますが…。

今回で「げんしけん」荻上さん編は終了です。途中、ずいぶん間が空いて
しまいましてスイマセンでした。楽しんで頂けたら嬉しいです。

あと表紙や裏表紙もいつかオマケとして彩色してアップ出来たらな~
とは思っておりますが、とりあえずそれは後日とさせて頂きまして
今回はあとがきのカットをオマケとさせて頂きますです。

あとがき72 550

ノッて来て無意識にオナニーをしながら作画する荻上さんの図。

あと、せっかく連載再開した事ですし、いつかスー本とか作ろうかな~?
止めとこうかなぁ~?(波戸クンはフタサークルさんにお任せしま~す)
それにしてもいつまで続くのか気になるッス~。


※次回は何にしましょうかねェ~?まだ決めてませんが、あまり
 間を開けない内にアップしようと思いま~す。


...続きを読む

スポンサーサイト
[PR]


10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 11

11:努力の甲斐あって、遂にアナルSEXの快感に目覚めた荻上さんは俺の
上になって激しく腰を上下させ始めた。俺が女性器に指を入れ刺激しながら、
アナルに射精する瞬間には彼女もイッていたみたいだった。そしてその直後には
何かひらめいたのか、新作同人誌のネームに熱中していた。どうやら荻上さんは
スランプを脱したようだ。



アナル処女喪失シーンその3。絶頂シーン追加。

個人的には、こういった対面騎乗位は女性に主導権を握られてる感じがして
ベストとはいえないのですが、かといって展開上いつまでも女性が受身なだけでは
単調になってしまうので、結局こういったシーンに落ち着く事が多いですね。

まあ「奉仕プレイの強要」にもつながる体位ですし、女性の表情を描きやすい
体位ですので重宝しております。



10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 10

10:やはり荻上さんの小さなアナルには無理があったのだろう、アナルSEXの
激痛に彼女は失神寸前だった。そこで俺は彼女に気を紛らす為にオナニーを勧めた。
荻上さんは痛みを快感で覆いつくそうと、自分の女性器をイジり出す。左手で
乳首つまみながら、右手の3本の指を女性器に突っ込み、激しく刺激しまくった。
そんな荻上さんのはしたない姿を見ながら、俺はさらに激しくアナルを突きまくった。



アナル処女喪失シーンその2。オナニー追加です。虫刺されを掻く行為と同じ
感覚でしょうか?(ちょっと意味合いは違うか?)一度掻きだすと皮膚が敏感に
なるせいか、さらに激しく掻いてしまいます。気がつくと血が出るくらい掻いて
ますな~。

その昔、知り合いの合体総統さんという作家さんの同人で全身を蚊に刺されて
掻きまくるってシーンがあったけど、絵的にはとても「おいしい」とは言えま
せんでしたが、感覚はよく解るチャレンジ精神溢れる責めのアイデアだった
なぁ~。ま…まあ小説向きですかね?

同じ系統だと昔読んでたSM系のエロ小説とかにトロロを塗るシーンとか
有ったけど(昭和だねェ~)、今時ならやっぱ媚薬責めがこれにあたるんで
しょうかね~。

...続きを読む


10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 9

9:俺は排便で多少ゆるんだ荻上さんのアナルの処女を頂く事にする。それでも
かなり痛いみたいで、彼女は手で自分のお尻を拡げていた。俺はそんな荻上さんの
必死な姿を楽しむ様に、ゆっくりと亀頭をネジ込んでいった。



アナル処女喪失シーンその1。言葉としてはアナルSEXもすっかりメジャーですが
実際やった事のある方ってまだまだ凄く少ないんでしょうね~。入れる方はまだ
女性器とそんなに大差無い感覚で想像しますが、入れられる方は想像出来ないな~。
女性向き成年同人系を描かれる女性作家さんにとってはどういう想像してるんです
かね~?やっぱり入れられる立場で想像してるんでしょうかね~?個人的には
ホモ的な興味は無いけど、そういう事を考えてる女性の脳内の動きには興味が
有りますな~。知り合いの女性作家さんは「第三者的目線」で俯瞰で見てて、
そこに自分の感覚とか感情は介在してないらしいけど…。


※いや~、すっかり遅くなってしまいましたが(丸々一年ぶりですな…)アフタ
ヌーン誌上で再び連載が始まった事もあり、残りの4カットもアップしていこうと
思います。やっぱ面白いの~。短期連載って事らしいけど、木尾センセには
ずっと描いてて欲しいなぁ~。(そうもいかんか…)

また少しずつかも知れませんが、今年はこのコピー本シリーズもアップしていこうと
思います。(去年1年間でずいぶん溜まったし…)ペースは1、2ヵ月に1シリーズ
ぐらいを予定しております。


...続きを読む


10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 8

8:俺は荻上さんを床に寝かせ、赤ちゃんの様に足を上げている彼女のお尻の汚れを
拭き取ってあげる。荻上さんは恥ずかしそうにされるがままに、お尻を拭き取られて
いたが、ブルルと体を震わせあわてて「あっ、ちょっと待って!」と声を上げた。
すると彼女は顔を真っ赤にしてオシッコをほとばしらせた。



お尻拭き中のオシッコ漏らしシーン。スカ系の作品ばかり描いてると、大の方が扱いが
メインで小はおまけになりがちです。でもSEXシーンとかにも使えたり、もう一押し
欲しいところで使ったり出来て、実はかなり使い勝手がいい重要な行為です。ここは
赤ちゃんプレイの感じを演出してくれてますな~。


※(将来的にはこの後もカットする予定…)

う~ん、その後いろいろ悩みましたが…2/7のサンクリ合わせでやってたハヤテ本は
また断念する事にしました。ホント情け無いです…。何とか2月中には完成させて
とらやメロンなどの書店売りメインで販売するつもりです。(もちろん、このブログ
でも通販するつもりですが…まあ完成してからですね~)

また、明日からリクエストの新作作成をガンバろうと思いますです。



10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 7

7:荻上さんがトイレへのドアを開けようとした瞬間、くぐもった音が響いた。彼女は
立ったまま、下着の中に漏らしてしまったのだ。その場を一歩も動けなくなったまま
すべてを出し切った彼女が下着を降ろした。異臭を放つ大きな塊が現れた。



脱糞シーン。下着をはいたままの脱糞だったので、一枚絵で表現するパターンを
やぶって、2カットを入れて表現してみた。個人的には左側のような顔が見えない
アングルの絵も自然な感じがして好きなのですが、一枚絵としては物足りない気が
しますしね~。(まあマンガなら使えるのだが…)


※(将来的にはこの後はカットする予定…)

かなりアップの間隔が空いてしまいました…。ようやく荻上さんの後半です。

オフ本とかで忙しい時にアップしようと思ってたのですが、出来れば新作の方が
いいだろうし、マジで追い詰められてるとこれも出来ない状況になってしまってる
ので…アップするタイミングを失ってました。

オフ本はまた微妙な状況になって来ました。う~ん、サンクリも間に合わないかも…。


...続きを読む


10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 6

6:どうやらひどい便秘症みたいだった荻上さんは、浣腸してもなかなかもよおさなかった。
そこで俺は寝転がって顔の上に彼女を座らせアナルを舐めた。アナルが盛り上がって、
危機一髪の瞬間、彼女は立ち上がりトイレに走った。



女性が上の顔騎シーン。このプレイはM系の代表的なプレイの一つともいえて、S系の
プレイを好む私としてはかなり微妙なシーンなんですが、まあしてる男性が好きでやって
なければなんとか許容範囲内かな?ただ私はこいったM系のプレイ画像も結構参考に
する事が有ります。SMの女王様に責められてるM男って感じの画像とか…。もちろんその
趣味が有るのではなくて、頭の中で男女を入れ替えてみるのです。特にM男を女性に替えて
描くのはなかなかいいです。「無様さ」が特化してるといいましょうか…。う~ん、上手く
伝わらないかな~?

...続きを読む


10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 5

5: 仕方ないので一度中の「モノ」を出す事に同意した荻上さんは500CCの浣腸器を
出して来た。「何でこんなの持ってるの?」と驚く俺に、彼女は資料用なのだと説明した。
(一体どんなマンガを描く時の資料なんだ?)俺は頭に浮かぶ疑問符を忘れて夢中で
彼女に浣腸していった。



浣腸シーン。意外と普通のシリンダー式の浣腸器で浣腸シーンを描く事は多くないです。
これは現代モノを描く機会が多くなかったり(ファンタジー作品だとまんまではない)、
現代モノでも最初はソフトにというか自然なシチュを意識すると、やはりイチジク浣腸を
使ってしまうせいです。あの押し込む感じとかは、まさに「これぞ浣腸の醍醐味!」とは
思うんですけどね…。ちょっと残念に思う気持ちも有ります。一度ゆっくり、じっくり浣腸
してるシーンをマンガで描いてみたいですね。



10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 4

4: 舐めて柔らかくなったように見えた荻上さんのアナルだったが、指を入れようと
したらまだまだ硬い事に気付いた。それでも強引に押し込んでみたが、指を強く
締め付けて痛がるばかりだった。



アナルに指挿入シーン。これもよく描くシーンですね。今回は中指を入れてます。
中指の挿入は人差し指に比べ長いのでより深く入ってる感じが出ますね。指先を
自由に動かすというより、激しく出し入れしてる感じもします。でも描くのは意外と
難しいです。まあ手はエロ絵を描く時とても重要なのでガンバって描いてます。
昔は鏡を使ってたりもしたけど、最近はデジカメで撮影して描いたりする事も有ります。



10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 3

3: 初めての感覚にとまどい気味の荻上さんだったが、俺がアナルを舌で舐め
始めると、次第に前の方も濡れて来た。だいぶ感じて来たみたいだ。俺は前も
同時に指で刺激しながら、緊張で硬く閉じた彼女のアナルをゆっくりとホグして
いった。



マンぐり返しでアナル舐められシーン。春日部さんの時にも描いてる私の定番
シーンのひとつです。でも前回より上から見たアングルですな。こちらの方が
性器やアナルの状態が判りやすいかな?



10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 2

2: どうやら荻上さんはお尻の快感を実体験してみたいらしいようだ。確かにホモ
同人を描くには必要な事なのかも知れない。俺は彼女の硬く閉じた小さなアナルを
やさしく揉み込んでいった。


 
アナル刺激シーン。まるで赤ん坊を抱いてるような感じのイメージです。これは
荻上さんの体の小ささを狙って描いてますね。このままお仕置きでお尻叩きも
似合いそうな感じですな。指先でお尻の谷間にそって擦ってる感じも気に入って
ます。指の先端はとても敏感なので感触を味わうにはいいですね~。(まあ、これ
くらいなら現実の女性もさほど嫌がらないプレイかな?)



10Pコピー本シリーズ:6  げんしけん 荻上千佳 1

1:このところ新作同人誌のネームに悩んでいた荻上さんは、俺に協力して欲しいと
頼んできた。「俺に出来る事なら…」と答えた俺の目の前で、彼女はズボンを降ろし、
指で下着をずらして自分のアナルを見せた。

3a_20091117222959.jpg

本日から久々に以前作ったコピー本をアップしていこうと思います。キャラは
「げんしけん」の同人腐女子、荻上千佳編です。

このコピー本の発行は2006年の冬コミです。春日部、大野と作ったのでかなり
すんなり仕上がった記憶が有ります。腐女子ネタってこういう事やってる人間と
しては少々生々しくてどうかとも思ったのですが、まあそんなに気を使うほど大して
知り合いもいないので描いてしまいました。ホント存在は近いはずなのに、
とても遠く感じますな~。(心理的な距離感かな…?)

この当時は私の作画デジタル化の過渡期でして、エンピツの濃淡でデッサンの
様に影を付けてました。正直、結構この時はいい感じに仕上がったと思うのですが、
残念ながらネームを入れるワクを入れた線画に影を入れたので、今回のブログ
アップには適しませんでした。なので今回、最初の線画からもう一度軽く斜線を
入れて仕上げる事にしました。

1回目は軽くアナル見せです。アナルの微妙な立体感はいつも描く時、苦労します。
女性器はどうせ修正してしまうので、あまりこだわりようが無い(甲斐も無い…)
のですが、私のような作家にとってアナルの描写は生命線なのでガンバって
描いてるつもりであります。


...続きを読む


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。